mayokehr

20240619

20240619 酔っ払って障子紙を破壊してしまったらしい。 破れてびりびりになった障子が室内にあるのは落ち着かないもので そそくさと検索すると、そう難しくないようだった。 *** 先日研修で、とらおさんによる「事業を評 …

20240619 もっと読む »

20240617

まとまりのなさ・いくつかのまとまり それなりに酔い潰れたかたちになり電車で高知まで出ることに決めた。二連休にて、とらおさんの話を聞いたり、カルチャーぞんのひとたちと交流をしたり、髪の色を奇抜にしたりするつもりだ。 酒に酔 …

20240617 もっと読む »

20240609

20240609 こども企画視察 協働のひとたち・お姉さん・わたくしの珍道中、うそだろうというくらいの土砂降りで、おなかやふともものいたい人がいて、いろんな交流が発生していた。 ゆきさき・もうかなりの年数されている企画で …

20240609 もっと読む »

20240607

20240607 そぼ はるがきてあきがきて はるがきてあきがきて はるがきてあきがきて はるがきた にへんにいちどきます。 おなかがいたいよう。さびしかったよう。自分は一体どうなるんだろうと思った。 手を繋いで さんに …

20240607 もっと読む »

20240531

20240531 五月最後の日はよい風がたっぷり吹きわたっている二日酔いのしっぽに頬をはたかれ、静かに起動 雨の堤防を歩いたおそい昼休み 協働ということを話し合っていた夕暮れ時目の前のひとは頭を抱えるけれど、わたしには今 …

20240531 もっと読む »

20240529

20240529 なんかもうずっと、どうしようかと思うくらい太りつづけており、ここのところはずっとお腹がはっていてしかしときがくれば腹は減る状態でこれいかにと困っておったが、ファミリーマートのホットサンドを毎日食う行いを …

20240529 もっと読む »

20240527

20240527 日付変更線から逃げるようにしてふたりで後にする機関庫雨とちかしい湿度の匂いに、夜が夏を連れてきているのが一瞬でわかった 書き上がってしまう図録は道半ばでもあとが下り坂これは転がるようにして完成することだ …

20240527 もっと読む »

20240514

20240514 出発まであと二日や〜 急な仕事や準備、脳みそのエネルギータンクが必要なタイミングに勝手に割かれていくのがわかる。ぼーっとしもする。お金を振り分けたりみとどけたりもする。追いついてないこともそれなりにある …

20240514 もっと読む »